金属を使わない差し歯

このエントリーをはてなブックマークに追加

セラミックで美しく強い差し歯


オールセラミックの差し歯


金属アレルギーの方にも安心の「オールセラミック」の差し歯です。

オールセラミックの差し歯は金属を使わないため、
歯茎の黒ずみを解消し、
金属アレルギーの方も安心して使用することができます。


オールセラミックは、生体親和性が高く、
その性質は天然歯に近いため、
優れた光透過性をもっています。

当院では、機械作成でセラミックを削るため、経済的でスピーディーなセラミック差し歯を実現しています。



オールセラミックをスピーディーに

差し歯作成は、型をとってからおよそ1週間後に再治療しなければなりませんでした。

当院では、技工所を通さずセレック3で作成するため、最短1時間で完成させ、通常の白い歯に比べ、費用もお安くなります。

金属を使用した差し歯は(種類にもよります)歯茎に黒ずみが生じてきます。

時間がたってもオールセラミックの差し歯は天然歯と同じような美しさを保ちます。


セレック3作成の流れ



院内でセラミックを削っています

キムラ歯科クリニックのセレック3は「院内で詰め物を作成できるシステム」です。

従来のような型をとる必要はありません。
ごく簡単な3-D撮影をします。

その画像を画面上で操作をして、セラミックを削り出します。

見た目にも美しく、強度の高いオールセラミックの差し歯が手に入ります。

ミリングマシンと設計ユニット



治療の流れ(撮影からセットまで)

  1. 歯を削り形を整えた後、口腔内の撮影をします。

    患者と歯科医

    セレック3は光学カメラを使用するため、従来の型取りによる不快感がありません。
    ※病例により、従来の型取りを必要とする場合もございます。
  2. コンピュータの画面上で修復物を設計します。

    設計中

    モニターで患者様に適した理想の歯を設計します。
    設計後、様々な色のセラミックの中から患者様の歯の色に適したブロックを選びます。
  3. ミリングマシンによりブロックを削ります。

    ミリングマシンによりブロックを削ります

    設計されたデータを元にセラミックのブロックを削り出し、精度の優れた修復物を加工、作製します。
  4. 口腔内にセットして治療が完了します。

    治療完了の写真

    削り出されたセラミックの歯を口腔内にセットします。
    これで治療が完了です。

治療期間は最短でわずか1日。

技工所を通さないため、通常の白い歯よりも安価に治療できます。

ページUP