口臭に関する基礎知識~その2~口臭を防ぐ2つの歯磨き法♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

先日、口臭に関する基礎知識として、

口臭の分類と、原因についてお話しました。

 

口臭に関する基礎知識~その1~口臭に悩んでいる方はお気軽にご相談ください♪ページへ

 

今日は、

口臭を防ぐ2つの歯磨き法をご紹介いたします♪

 

歯磨きイメージ

 

1.スクラビング法

 

・歯ブラシを直角に当てて動かす。※1

・歯の間にはデンタルフロスを利用する。

 

Point

※1 歯ブラシを歯面に90度に当てて、横に小刻み(10mm)に往復運動させる方法です。

歯面や歯と歯ぐきの間の歯垢を除去するのに効果的な方法です。

乳幼児のブラッシングに最適です。大人がやさしくブラッシングしてあげましょう♪

 

スクラビング法が良い理由

・歯ブラシの毛束の側面が歯肉に接するので、歯肉を傷つけません。

・歯ブラシの毛束が歯の表面に直角に当たるので汚れがよく落ちます。

・歯の表面の最も歯茎に近い部分に歯ブラシの毛先が届くので完全に歯をきれいにすることができます。

 

デンタルフロス

皆さんは、毎日、歯をみがいていると思います。

しかし、きちんと磨いていても、むし歯や歯周病の罹患率は、依然として高い状態です。

歯ブラシだけで歯を磨いたあと、チェックしてみると、

歯の外側はキレイに磨けますが、

どうしても歯と歯の間には歯垢が残ってしまいます。

歯と歯の間には歯ブラシの毛先が届きにくく、

残ってしまった歯垢がむし歯や歯周病の原因になってしまうからです。

そこでおすすめするのが「デンタルフロス」♪

歯と歯の間の歯垢を取り除き、

お口の中をキレイにするために欠かせない、

とても効果的なアイテムです。

 

 

 

バス法

・歯と歯茎の境に歯ブラシを45度に当てて弱い力で細かく振動させます。

・歯の間には歯間ブラシを使用します。

 

Point

マッサージをするように、振動させましょう。

磨き残しが無いように、バス法の後は、歯間ブラシで歯の間の汚れを取り除きましょう♪

 

 

デンタルフロスも

歯間ブラシも、

もちろん歯ブラシも

キムラ歯科クリニックで購入できます。

 

歯ブラシの写真

 

スクラビング法を試したいけれど・・・

バス法を試したいけれど・・・

良くわからないという方は、

お気軽にご相談ください♪

 

また、舌に付いた苔も口臭の原因となります。

 

ブラッシング→デンタルフロス・歯間ブラシ→舌ブラシ

を行うことで、

口臭の原因を取り除きましょう~♪

もちろん!

虫歯予防になります♪

 

************************************

キムラ歯科クリニック

浜松市東区市野町541

TEL.053-435-5070

平 日:9:00~12:00 15:00~20:00

土曜日:9:00~12:00 15:00~18:00

日曜・祝日 休診

************************************

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です